転職する前に必ず確認すべき5つの転職ノウハウ鉄板とは?

転職失敗5つの原因を知らないで転職する人は
スイカ割競技に参加した気持ちで目隠し人生を歩む人!

転職受け入れ企業も
自社の企業の業績推移や得意分野すら調べないで
御社の将来性に期待しています・・・など

面談で美辞麗句を並べられても
刺さるものは一切なかったはずです

採用担当者も人の子だから
採用実績1獲得を選択しただけの話!

ブラック企業に近づくほど離職率も高く
常時人材募集をしていますよね・・・

あなたは1兵隊とした採用されました
特攻隊でないことを祈るしかないですね・・・

転職 時間がない人の典型1

転職活動する前に退職してしまった人
次の就職先が決まるまで
退職金や失業保険をあてにして

余裕のよっちゃん!のように浮かれた転職活動を
ダラダラと継続した今
もう生活費まで余裕がなくなりましたね・・・?

一日も早く就職しなければって焦りとサラ金への借金が頭をよぎる?
でもこんな状態は、決して珍しいことではありません
よくあることです

警備員のアルバイトでもしながら
転職先を探しますか?

警備会社の給与体系はシビアですよ!
○○の資格がいくつあるかで給与が決まります
年齢給なんて全く期待できませんよ!

すでに
転職 時間がない人がハマる転職失敗にドップリ首までハマっている状態です

転職 時間がない人の典型2

在職中だから時間なんて確保できない!
時間がないのにもかかわらず
1から10まで自分一人で情報収集をする

膨大な劣化した転職情報が転がっている
ほんの一部だけを判断基準として構築する

よくあるインテリバカですね
確かに切れるからブレイン構築は得意分野

でも悲しいかな
基本情報が間違っていれば
結果も悲惨

普通の人

素直に人の意見を取り入れる柔軟思考回路がある人は
大手の優良な転職エージェントに登録し
キャリアアドバイザーと良好な人間関係を築いている

彼らの考えは、悪く言えば
担当のコンサルやキャリアアドバイザーに丸投げ
よく言えば
転職エージェントをうまく酷使する方法

転職結果に大きな落差がでる要因は
情報量の差異

たった一つのコネを利用して
悪いことはひた隠し
いい話ばかりで有頂天になってしまうと
問題点の発見は極めて困難です
知人に就職の口利きした方は
紹介した会社の欠点を並べることはありえません

転職成功者の鉄板は
転職エージェントの複数登録
数あるコンサルから選択
数ある求人企業から選択
数ある高収入企業条件から選択

結果は十分な事前準備と
冷静で情報量の正確さからの判断

転職 時間がない人の典型3

別に転職する必要がなかった!
よくあるバカなパターンの典型的ナンバー1

忙しいに日々を隠れ蓑にして
思いつきで転職決定

エイヤーって決断する転職は秒速で決定!

もちろん客観的な分析は皆無・・・

転職して1か月目のある日の思い!

そして収入も労務環境も人間関係でさえ
前職が上回っていた!

次にやってくるのが
後悔がら鬱状態

後悔は人の勝手でしょうが
あなたのうつ病は転職先企業も採用結果を後悔しています

なぜうつになるのか?

答えは簡単ですね・・・
四六時中、前職の遠くの芝生が花園のように脳裏をよぎる
そんな状態で業績が上がるわけない・・

現実をいまさら直視し
過去のスキルだけを残して残りかすは全部断捨離
そして
全てをリセットしてやり直す
あなたは小学校一年生になれれば成功
過去の業績にしがみ付けば転職失敗が確定します

うつ病発症の傾向が自覚できれば
早期に退職するのがベスト

再転職しますか?
一直線で奈落の底に進まないことを祈りましょう
そして
人生を見つめ直しましょう
ここまでくれば
過去の自分の実績を誇る生き方もありです
自分の好きな職種や発揮できるスキルを棚卸して
思い切った人生を切り開くことがキャリアアップに直結します
かなりの成功が見込めます

転職 時間がない人の典型4